ジュニア口座「くるみ」

未成年(2022年4月1日より18歳未満)のお子様の資産形成を応援するひふみの未成年口座を、公募の結果「くるみ」と名付けました。お子様の未来のために、くるみをご活用ください。

ジュニア口座「くるみ」はなぜ選ばれる?3つのポイント

  1. 守りながら
    ふやす運用

    ひふみは、基準価額の上下動に伴うお客様のハラハラ、ドキドキ感をできるだけ軽減し、かつ着実なリターンを目指した「守りながらふやす」運用に挑戦します。

  2. 時間を味方につけた
    資産形成

    お子様も、お金も、大きくなるのには時間がかかります。お子様の成長と共に、時間を味方につけたつみたて投資でコツコツと資産形成を始めることをおススメしています。

  3. お客様のペースで
    つみたて可能

    毎月決まった金額をつみたてる「毎月同額つみたて」に加え、引落金額や引落月を自由に選べる「自由つみたて」をご用意しております。お客様のライフスタイルに合わせたマイペースの資産形成にお役立てください。

ジュニア口座「くるみ」のご利用開始方法

以下をご用意の上、「口座開設のご案内」へお進みください。

  • 未成年者の口座開設及び取引に関する申込書(予め印刷のうえ、全ての親権者の署名が必要です。)
  • お子様との続柄が確認できる書類(【続柄が記載された世帯全員の住民票の写し】または【戸籍謄本+附票】)
  • お子様の本人確認書類とマイナンバー確認書類
  • お子様名義の銀行口座
  • 登録親権者の本人確認書類(2点)

動画でわかる「くるみ」の口座開設



「くるみ」をおすすめする理由 - 将来子供にかかる金額はいくら?

将来お子様がどのような道に進むかは、実際にはわかりません。
本人の希望や努力もあるでしょうし、お父様、お母様の願いや愛情で特別な教育をと、私立の大学や海外に留学することもあるかもしれません。また、学校教育以外のお稽古事やスポーツなどでその才能を伸ばすこともあるでしょう。
幼稚園から大学までの教育にかかる費用は最安でも700万円と言われています。まずは、一般的な金額を想定し、その準備を早いうちから行なうことをお勧めします。

幼稚園~大学まで 教育にかかる費用は約740万円~3,730万円
公立私立
幼稚園(3年間) 67万円 158万円
小学校(6年間) 156万円 959万円
中学校(3年間) 146万円 421万円
高校(3年間) 137万円 290万円
合計 506万円 1,828万円
平成30年度子供の学習費調査より
4年間合計(医歯系は6年)
国立大学 242万円
公立大学 253万円
私立大学文系 355万円
私立大学理系 490万円
医歯系 1,914万円
国立大学等の授業料その他の費用に関する省令
令和元年度私立大学入学者に係る初年度学生納付金平均額調査より
結婚にかかる費用は平均約460万円
全国平均(推計値)
結納・婚約~新婚旅行までにかかった費用の総額*1 461万円
項目別
平均額*2
結納式の費用 17万円
両家の顔合わせの費用 6万円
婚約指輪 34万円
結婚指輪(2人分) 23万円
挙式・披露宴・披露パーティ総額 353万円
新婚旅行 61万円
新婚旅行土産 12万円
リクルート「ゼクシィ結婚トレンド調査2015」より

*1:「結納・婚約~新婚旅行までにかかった費用の総額」は、「項目別平均額」に掲載している平均値にそれぞれの実施・購入者の割合を乗じて調査対象全体における平均値を算出し、それらを合計して総額を推計して算出しています。
*2:「結納・婚約~新婚旅行までにかかった費用の総額」の算出時に用いた各項目の平均金額を掲載していますが、これは結納・会場費および両家の顔合わせ・会場費については実施した人の、その他の項目については費用の発生した人の平均金額であり、各項目の平均金額の合計は、「結納・婚約~新婚旅行までにかかった費用の総額」とは一致しません。

時間を味方につけてつみたて

お子様の将来のためにお金を貯めるのに必要なことは時間を味方につけること。産まれたらすぐにつみたてを始めることをお勧めします。

例えば、目標額を大学進学時に300万円とすると、高校1年の時点からスタートすると、毎月約8万円のつみたてが必要。
でも、ゼロ歳から始めれば月々1万4000円のつみたてで達成できるのです。

*元本に変動がない場合

「くるみ」に関するよくあるご質問

Q.生まれてすぐに口座開設ができますか?
可能です。必要書類やお子様の銀行口座開設のご準備いただいたうえ、お申込ください。
Q.くるみ(未成年口座)は一般の口座とどう違うのでしょうか?
くるみ(未成年口座)は口座開設時にご申請いただいた親権者にお子様(未成年者様)の代理でお取引いただきます。
Q.ひとり親家庭の場合に提出する【続柄が確認できる書類】は何ですか?
親権者がお一人であることの確認が必要なため、【戸籍謄本+附票】のご提出が必要です。
Q.子どもと親権者の住所が異なりますが、口座開設はできますか?
当社では、お子様と代理で取引いただく【登録親権者】の住所が【同一住所】に限り、口座開設を承っております。
Q.くるみ口座で子どもがひふみ投信を購入する資金を親が出したら、贈与税はかかりますか?​
「親が子どもに投資信託を購入する資金を渡す」ことは贈与にあたり、贈与税の対象となります。​贈与税は、一人の人が1月1日から12月31日までの1年間にもらった財産の合計額から基礎控除額の110万円を差し引いた残りの額に対してかかります。​したがって、1年間にもらった財産の合計額が110万円以下なら贈与税はかかりません(この場合、贈与税の申告は不要です)。​
ただし、毎年同じ金額を同じ時期に贈与するなど贈与の方法によっては、贈与の開始時にすべての金額を贈与する意思があった(定期贈与)とみなされて、一括して贈与額の合計額に対して贈与税がかかることもあります。​個別具体的な事案については、税理士、税務署等専門家にご相談なさることをおすすめいたします。​
ファンドマネージャー
メッセージ
その他の商品
<当社から直接買う>
<銀行・証券会社で買う>
<確定拠出年金を通じて買う>