Copyright© Rheos Capital Works Inc. All Rights Reserved.

ひふみプラス

日本を根っこから元気にする
ひふみプラスは、販売会社を通じて購入することができる
ひふみ投信シリーズの投資信託です

基本情報

ひふみプラスは、「日本を根っこから元気にする」をコンセプトに、主に日本の成長企業に投資をする投資信託(ひふみ投信シリーズ)です。

2012年の運用開始以来、成長企業の目利き力と柔軟な運用姿勢、また顔が見える運用をご評価いただいてきました。

直販で扱うひふみ投信と同じ「ひふみ投信マザーファンド」に投資しているため、直販投信と投資方針、組入銘柄等に相違はありません。ひふみプラスを取扱う販売会社に口座をお持ちのお客様は今すぐお取引いただけます。

投資先
主に日本
購入できる場所
販売会社
最新の基準価額
基準価額前日比純資産総額

基準価額推移はこちら

最新の運用レポート

ひふみプラスの運用状況や運用者コメントを記載しています。

ブラウザで閲覧

交付目論見書

ひふみプラスについて投資判断に必要な重要事項を説明した書類です。お申込みの際には必ずご確認ください。

ブラウザで閲覧

請求目論見書

交付目論見書の内容に加え、ひふみプラスの沿革や経理状況などの追加的な情報が記載されています。

ブラウザで閲覧

ひふみ投信10周年記念コンセプトムービー

ひふみプラスに係るリスクについて
「ひふみプラス」は、国内外の株式を組み入れるため、株価変動の影響を大きく受けます。
一般に株式の価格は、個々の企業の活動や業績、国内および国外の経済・政治情勢などの影響を受け変動するため、株式の価格が下落した場合には基準価額は下落し、投資元本を割り込むことがあります(株価変動リスク)。
外貨建資産を組み入れた場合、当該通貨と円との為替変動の影響を受け、 損失が生じることがあります。また、当該国・地域の政治・経済情勢や株式を発行している企業の業績、市場の需給等、さまざまな要因を反映して、「ひふみプラス」の基準価額が大きく変動するリスクがあります(為替変動リスクとカントリーリスク)。
したがって、お客様(受益者)の投資元本は保証されているものではなく、 基準価額の下落により損失を被り、投資元本を割り込むことがあります。この他には、流動性リスクや信用リスク等があります。
詳しくは、投資信託説明書(交付目論見書)の「投資リスク」をご覧ください。
お客様の負担となる費用について

◇お客様に直接ご負担いただく費用

申込金額に対する手数料率は3.00%(税抜)を上限として、販売会社が定める料率とします。
詳しくは販売会社にお問い合わせください。
「自動けいぞく投資コース」において、収益分配金を再投資する場合は無手数料です。

◇お客様に間接的にご負担いただく費用

信託報酬
信託財産の純資産総額に対して下記に記載の率を乗じて得た額。信託報酬とは、投資信託の運用・管理にかかる費用のことです。日々計算されて、投資信託の基準価額に反映されます。
なお、毎計算期間の最初の6ヵ月終了日および毎計算期末または信託終了のとき「ひふみプラス」の信託財産から支払われます。
また、ひふみプラスは、純資産総額が一定金額に達すると、一定金額を超えた部分に対して信託報酬が逓減される仕組みとなっています。
信託財産の純資産総額500億円まで 年0.980%(税抜)
信託財産の純資産総額500億円を超える部分 年0.88%(税抜)
信託財産の純資産総額1,000億円を超える部分 年0.78%(税抜)
監査費用
信託財産の純資産総額に対して年率0.005%(税抜)の率を乗じて得た額
(なお、上限を年間80万円(税抜)とします。当該上限金額は契約条件の見直しにより変更となる場合があります。)日々計算されて、毎計算期末または信託終了のときに信託財産から支払われます。