NISAについて

制度概要

NISA(少額投資非課税制度)とは

NISA(少額非課税制度)とは、個人投資家のための税制優遇制度です。 NISA口座内で購入した金融商品は、配当金・分配金や値上がり益にかかる約20%の税金が非課税となる制度です。
2024年からはNISA制度がさらに拡充し、より大きな非課税枠で長期での資産運用が可能になります。

NISA非課税のイメージ

新旧NISAの比較

旧制度(2023年まで) 新制度(2024年以降)
つみたてNISA 一般NISA つみたて投資枠 成長投資枠
対象者 18歳以上 18歳以上
制度実施期間 2042年まで
※新規買付けは2023年まで
2023年まで 恒久化
非課税保有期間 最長20年 最長5年 無期限化
年間投資上限額 40万円 120万円 120万円 240万円
併用 併用できない 併用できる
非課税保有限度額 800万円 600万円 合計1,800万円
そのうち1,200万円
投資対象 長期のつみたて・分散投資に適した一定の投資信託 上場株式・
投資信託など
長期のつみたて・分散投資に適した一定の投資信託 上場株式・
投資信託など
購入方法 つみたて スポット・つみたて つみたて スポット・つみたて

金融庁ウェブサイト掲載情報を基に、レオス・キャピタルワークス作成

税法改正により変更となる場合があります。
旧制度、新制度ともに開設する年の1月1日時点で日本国内在住の満18歳以上の方であれば、ご利用が可能です。
旧制度から新制度へのロールオーバーはできません。
つみたてNISA、つみたて投資枠での購入は定期的に一定金額の買付けを行う方法(つみたて投資)に限られています。

新NISA 3つのポイント

非課税期間が撤廃され、無期限でNISA口座で保有できるようになりました!

これまでつみたてNISAで20年、一般NISAで5年だった非課税期間を撤廃し、無期限で非課税にて運用できるようになります。
それに伴い、現行NISAで行なっていた非課税期間終了のロールオーバー等の選択・手続きが不要になります。

年間投資上限額が360万円に引き上げられました!

これまで年間投資上限額はつみたてNISAで40万円、一般NISAで120万円でしたが、つみたて投資枠で年間120万円、成長投資枠で年間240万円に増額し、年間合計360万円まで投資できるようになりました。

非課税保有限度額は成長投資枠+つみたて投資枠合わせて1,800万円です。
ただし、成長投資枠で投資できるのは1,200万円までです。

「つみたて投資枠」と「成長投資枠」の併用が可能になりました!

これまで「つみたてNISA」「一般NISA」はどちらか一方を選ぶ必要がありましたが、新NISAでは1つの口座で「つみたて投資枠」「成長投資枠」を同時に使うことができます。

もっと詳しく! 新NISAのギモン

つみたて投資枠・成長投資枠とは?

つみたて投資枠は現行のつみたてNISA、成長投資枠は現行の一般NISAにあたり、それぞれ購入方法や購入できる商品、年間投資上限額が異なります。

つみたて投資枠
  • 年間120万円まで投資可能
  • 購入方法はつみたてに限る
  • 購入商品は長期のつみたて・分散投資に適した一定の投資信託
成長投資枠
  • 年間240万円まで投資可能
  • スポット購入・つみたて購入ができる
  • 上場株式やつみたてNISA対象商品も含む幅広い投資信託などを購入できる

非課税保有限度額とは?

つみたて投資枠・成長投資枠で一生涯に使える最大金額。1,800万円を上限としています(成長投資枠は1,200万円)。

■使い方例① つみたて投資枠で1,800万円つかう

つみたて投資枠の年間上限額120万円を毎年つかうと15年間つみたてられる

■使い方例② 成長投資枠で1,200万円つかい、残り600万円をつみたて投資枠でつかう

成長投資枠で年間上限額240万円を5年間つかい、つみたて投資枠で年間上限額120万円を5年間つかう

枠の復活?

新NISAでは、一度1,800万円枠が埋まっても、売却により買付金額分の枠が空き、再び新規購入することができます。

ひふみシリーズの新NISA対象一覧

ひふみシリーズは「つみたて投資枠」「成長投資枠」で購入可能です。

ファンド名 つみたて投資枠 成長投資枠
ひふみ投信 対象 対象
ひふみプラス
ひふみワールド 非対象
ひふみワールド+
ひふみらいと
まるごとひふみ100
まるごとひふみ50
まるごとひふみ15

※つみたて投資枠の対象商品は2023年9月現在の情報

新NISAはひふみで!直接販売での始め方

■2023年末までに当社でつみたてNISA・一般NISA開設済みの方

自動的に新NISA口座(つみたて投資枠・成長投資枠)が開設されます。

■2023年末までに他社でつみたてNISA・一般NISA開設済みの方

お申込みは、ひふみWebサービスログイン後のマイページにある「NISA口座のお申込みはこちら」から承っております。
「一般NISA」または「つみたてNISA」ボタンからお進みいただき、ご案内に沿って、本人確認書類と他社から交付された「勘定廃止通知書」または「非課税口座廃止通知書」をご提出ください。
ひふみWebサービスをご利用いただけない場合は、コミュニケーション・センターまでお問い合わせください。

他社で当年分のNISA口座の開設実績がある場合は、予めNISA口座を開設している金融機関で変更手続きをお取りください。
2023年10月1日以降は、一般NISA・つみたてNISAのお申込みともにすべて新NISA口座としての開設となります。

\直接販売のひふみでつみたてしていた方!/

新NISAへのつみたて設定移行がおすすめ

2023年までにつみたてNISA・一般NISAでつみたてをしていた方のつみたて設定は以下のように自動継続されます。

  • つみたてNISAでつみたて購入をしていた方 ... つみたて枠でのつみたて設定にて自動継続
  • 一般NISAでつみたて購入をしていた方   ... 成長投資枠でのつみたて設定にて自動継続

新NISAの枠を上手に使うには...

その1

課税口座ではなくNISA口座でつみたて購入しましょう

その2

NISA口座の中でも、非課税保有限度額が大きいつみたて投資枠から利用しましょう

※2023年10月現在、ひふみの直販口座の取扱商品のうち、つみたて投資枠で購入できる商品は「ひふみ投信」のみです。

設定変更推奨ケースのご紹介

2023年までに一般NISAで「ひふみ投信」をつみたてていた場合

例)一般NISAで「ひふみ投信」を毎月10万円つみたてているケース

ひふみ投信はつみたて投資枠の対象商品のため、非課税保有限度額が大きいつみたて投資枠への設定変更がおすすめ!

2023年までに「ひふみ投信」をつみたてNISA口座で、
課税口座で「ひふみワールド」や「ひふみらいと」をつみたてしていた方

例)つみたてNISAで「ひふみ投信」を3万円、課税口座で「ひふみワールド」を5万円つみたてているケース

成長投資枠では「ひふみワールド」も購入可能のため、設定変更により非課税での運用が可能です!

ご自身の現在のつみたて設定は、ひふみWebサービスよりご確認ください

ログイン

2023年までのNISA制度についてはこちら

旧NISA制度について

新NISAに関する代表的なご質問

新しいNISA制度を始める際、既に現行のNISA制度(一般・つみたて)で保有している商品は、売却する必要がありますか?

既に現行のNISA制度(一般・つみたて)で保有している商品を売却する必要はありません。購入時から一般NISAは5年間、つみたてNISAは20年間、そのまま非課税で保有可能で、売却も自由です。ただし、非課税期間終了後、新しいNISA制度に移管(ロールオーバー)することはできません。

つみたて投資枠と成長投資枠を別々の金融機関で利用することはできますか?

つみたて投資枠と成長投資枠を別々の金融機関で利用することはできません。一つの金融機関でご利用いただくこととなります。なお、つみたて投資枠と成長投資枠のどちらか片方だけの利用でも問題ございません。また、金融機関を変更することは年単位で可能です。

ジュニアNISAで保有している商品は、2024年以降、どのように取り扱われますか?

現行のジュニアNISAで投資した商品については、非課税期間(5年)終了後、自動的に継続管理勘定に移行され、18歳になる年の前年の年末まで非課税で保有することが可能です。

NISAをはじめるには口座開設から

総合取引口座をお持ちでないお客様は、まずこちらから口座開設をお願いします。

すでに当社に口座開設がお済みの方はひふみWebサービスからNISA口座をお申込みください。