ひふみ投信シリーズ ファンドマネージャー 佐々木靖人よりメッセージ

ひふみを通じて、「日本の再発見」を

「日本にも成長企業がある」。ひふみ投信シリーズを通じて、私がお客様に対して発信したい大きなテーマです。地方でのセミナーでこのような話をするとびっくりされるのですが、繰り返し伝え続けなければならないと思っています。高齢化・労働人口の減少など、一見ネガティブな事象でも、それを勝機に変える会社や経営者が必ず登場します。そのような面白い会社や人と出会い、投資をすることで、お客様に「日本の再発見」を体験いただきたいと考えています。
漠然とした不安を払拭するための知識を得られることは、長期投資の醍醐味です。これまでと同じように、今後も調査を通じて得られたエッセンスを、セミナーやイベントを通じてお客様に発信していきたいです。

ひふみの運用をさらに進化させたい

ひふみの運用チームの進化も着々と進んでいると感じます。
2021年から「ひふみらいと」や「まるごとひふみ」シリーズといったバランスファンドの運用が始まり、債券戦略部のメンバーが運用チームに加わりました。その結果、運用チーム全体の専門領域が拡がったことはもちろん、株式戦略部と債券戦略部の知識・アイディアが相互に活きるようになりました。そういった相乗効果が今後レオスの運用をさらに面白くしていくと感じています。

また、運用チームに若手メンバーも増えたことで、より調査件数を増やしていこうという意識がチーム内に醸成されていることも感じます。過去に取材した経験も大切ですが、それで「わかっている気」にならず、取材で情報をアップデートし続け、チームで切磋琢磨していきたい。様々なバックグランドを持つメンバーがそろっているので、それぞれの情報のとらえ方や手触りに気づきが得られるようにしたい。そのためのチャレンジコストはどんどん下げていきたいと考えています。

お客様の未来を託していただける投資信託に

2008年10月の設定開始から10年以上続く投資信託「ひふみ投信」。多くのお客様、そしてパートナー会社の皆様に支えられ、おかげさまで現在、ひふみ投信シリーズは主に日本の株式を運用するアクティブファンドとして国内最大規模にまで育ってきています。

私自身、2009年の入社からひふみの運用に携わり、また全国各地のお客様と関わりを持つ中で多くの学びや体験を得られることができたと考えています。
これまでの「ひふみ」らしさを大切にしながらも、新しいチャレンジを続け、お客様の未来を安心して託していただけるような投資信託を体現していきたいと思います。

2022年4月運用本部 株式戦略部
シニア・ファンドマネージャー
佐々木 靖人

ひふみ投信を購入するには口座開設から

総合取引口座をお持ちでないお客様は、まずこちらから口座開設をお願いします。

すでに当社に口座開設がお済みの方は ひふみWebサービスにてご購入ください。

ひふみ投信に係るリスクについて
「ひふみ投信」は、国内外の株式を組み入れるため、株価変動の影響を大きく受けます。
一般に株式の価格は、個々の企業の活動や業績、国内および国外の経済・政治情勢などの影響を受け変動するため、株式の価格が下落した場合には基準価額は下落し、投資元本を割り込むことがあります(株価変動リスク)。
外貨建資産を組み入れた場合、当該通貨と円との為替変動の影響を受け、 損失が生じることがあります。また、当該国・地域の政治・経済情勢や株式を発行している企業の業績、市場の需給等、さまざまな要因を反映して、「ひふみ 投信」の基準価額が大きく変動するリスクがあります(為替変動リスクとカントリーリスク)。
したがって、お客様(受益者)の投資元本は保証されているものではなく、基準価額の下落により損失を被り、投資元本を割り込むことがあります。この他には、流動性リスクや信用リスク等があります。
詳しくは、投資信託説明書(交付目論見書)の「投資リスク」をご覧ください。
お客様の負担となる費用について

◇お客様に直接ご負担いただく費用:ありません

  • 申込手数料・換金(解約)手数料・信託財産留保額は一切ありません。
  • なお、「スポット購入」に際しての送金手数料はお客様負担となります。

◇お客様に間接的にご負担いただく費用:次のとおりです

信託報酬
信託財産の純資産総額に対して年率1.078%(税抜年率0.980%)の率を乗じて得た額。 信託報酬とは、投資信託の運用・管理にかかる費用のことです。日々計算されて、投資信託の基準価額に反映されます。 なお、毎計算期間の最初の6ヵ月終了日および毎計算期末または信託終了のとき「ひふみ投信」の信託財産から支払われます。
監査費用
信託財産の純資産総額に対して年率0.0055%(税抜年率0.0050%)以内を乗じて得た額
日々計算されて、毎計算期末または信託終了のときに信託財産から支払われます。
その他の費用
組入有価証券の売買の際に発生する売買委託手数料(それにかかる消費税)先物取引・オプション取引等に要する費用、外貨建資産の保管等に要する費用租税、信託事務の処理に要する諸費用および受託会社の立替えた立替金の利息など。これらの費用は、運用状況等により変動するものであり、予めその金額や上限額、計算方法等を具体的に記載することはできません。
ファンドマネージャー
メッセージ
その他の商品
<当社から直接買う>
<銀行・証券会社で買う>
<確定拠出年金を通じて買う>